2014年3月13日、博多駅のマイングに九州初登場のソフトプレッツエル専門店、アンティ・アンズがオープンしました。

プレッツエルといえば、パン屋さんの片隅で売られていることはありましたが、専門お店は初めてです。

スイーツプレッツエル、オリジナルプレッツエルとプレッツエルだらけです。

アメリカで生まれ、今や世界25カ国で1200店舗も展開し、世界中で愛されているソフトプレッツエル専門店です。

現在のところ、この店には季節限定のプレッツエル2種類、5周類のプレッツエルで計7種類のプレッツエルがあります。

スタンダードのオリジナルプレッツエルのほか、様々な味が楽しめます。

ソフトプレッツエルということで、中はふんわり、外側はさくっとしたものです。

また、プレッツエル煮付けて食べるディップも5種類あります。

5種類のディップは、クリームチーズ、キャラメル、黒蜜、チョコレート、チェダーチーズで、それぞれ100円です。

代表的な「サワークリーム&オニオン プレッツエル」は、柔らかくて中はシットリ、モチモチで外はサクッとしています。

これにクリームチーズのディップを付けていただくとまた酸味がよく合います。

コヒーなどよりもワインのほうが合うようです。

きなこプレッツエルは、黒蜜ディップと相性が良いそうです。

また、プリプリのソーセージをプレッツエルで包んだ「プレッツエルドッグ」があり、これもオススメの逸品です。

スポンサードリンク