博多デイトスは、旧博多駅時代からあるショッピング・レストラン街です。

デイトスの場所は、博多駅の南側、筑紫口付近にあり、「みやげもん市場」は、デイトスの1階にあります。

店名・ジャンル
Photo
こんなお店です
ひよ子本舗吉野堂 2号店
(ひよ子)
ひよ子は、福岡(飯塚)のお菓子です。
東京名物ではありません。
ひよ子を東京銘菓だと思い込んでいる人は、特に関東に多いようです。
埼玉に工場があり、東京でも販売していることからそうなっているようです。
ヒヨコの形は二代目店主が、従来の丸い形ではない饅頭をと考えたものだそうです。
吉野堂のひよ子
千鳥屋本家
(千鳥饅頭)
飯塚市の千鳥屋で昭和12年(1927年)に誕生した饅頭です。
南蛮菓子の丸ボーロに白アンを入れたものですが、これも菅原道真の故事から千鳥饅頭と名づけられました。
饅頭としてこれ以上饅頭らしい形はないと言ったほどの実にオーソドックスな饅頭です。
逆に言えば、個性のないことで、「筑紫もち」や「博多通りもん」と言った新しいスタイルのお菓子の前ではいささか不利なことは否めませんが、誰に贈ってもあまり文句の出ないことがとりえでしょう。
千鳥饅頭
明月堂 Ⅱ号店
(博多通りもん)
博多の和菓子界のニューフェースです。かなり評判もよくて、お土産としてもよく売れています。
明月堂の人気No.1の位置を占めています。
和菓子と言っても、バターの風味が強く、シットリとしたアンともあいまって美味しいお菓子です。
博多傑作まんじゅうとのキャッチフレーズもあり、西洋菓子の材料を組み合わせた全く新しいお菓子でもあります。
漫画「博多っ子純情」の作者長谷川法世氏が出演しているTV・CMでもおなじみです。
明月堂の博多通りもん
筑紫菓匠 如水庵 2号店
(筑紫もち)
福岡市にある「五十二萬石 如水庵」のお菓子です。
親指くらいの餅に、きな粉をまぶしています。これに添えてある黒蜜をかけて食べるもので、福岡では比較的新しいお菓子の部類に入ります。
山梨県にある桔梗信玄餅と酷似しているそうですが、メーカーでは、柳川地域の餅菓子をヒントにしたと言っております。
モンドセレクション最高金賞や全国菓子大博覧会名誉総裁賞受賞が売り。
福岡で流れているTV・CMは、とても素朴な感じです。
筑紫菓匠 如水庵の筑紫もち
石村萬盛堂
(和洋菓子)
明治38年(1905年)創業の石村萬盛堂のお菓子です。
福岡の伝統祭り「山笠」のゴールに本店があります。
最近人気になっているのがブリュレドサンク プレミアムです。
楽天のリアルタイムランキング バウムクーヘン部門で第1位に輝いたこともあります。
バウムクーヘンにキャラメルをかけたもので、マダムシンコのバウムクーヘンと似ています。
マダムシンコよりは美味しいと思います。
石村萬盛堂のブリュレドサンク プレミアム
菓舗うぐ島
(揚げまんじゅう)
福岡市の中心部にある菓舗うぐ島(うぐしま)というお菓子屋です。
昭和21年に創業して60年以上も経っています。
うぐ島は福岡ドームから見える小さな島で昔、鵜が良く来ていたとの事で「鵜が来る島」鵜来島(うぐしま)と呼ばれています。
また、創業者が作った饅頭がうぐ島に似ていたので社名も「菓舗 うぐ島」としたそうです。
菓舗うぐ島の揚げまんじゅう等
二○加せんぺい本舗 東雲堂
(にわかせんぺい)
にわかせんぺいのテレビCMは、福岡では昭和40年代から同じCMを流していて有名になっています。
「にわか」とは、博多の伝統芸能の一つで、ひとりで洒落を言いながら面白いことを語ります。
その際、面をかぶりますが、その面を形どりしたのがにわかせんぺいです。
東雲堂の博多にわかせんぺい
博多の女本舗二鶴堂
(博多の女)
二鶴堂は、福岡市博多区馬出にあるお菓子屋さんです。
看板商品の「博多の女」は、洋風感覚のバウムクーヘンに小豆羊羹を注入した、和洋折衷の菓子です。
博多絞り模様で包み、博多の伝統をイメージしています。
博多の女本舗二鶴堂の博多の女
博多菓匠 左衛門
(博多ぶらぶら)
博多銘菓「左衛門」は昭和4年に創業した博多の和菓子屋さんです。
看板和菓子の「博多ぶらぶら」は、北海道産の小豆、お米は九州佐賀県の一等米である「ひよこ米」を使ってます。
このお菓子は餡と餅でできており、手にとって召し上がっていただくと分かりますが、餡は下まで入ってます。
博多菓匠 左衛門の博多ぶらぶら
ひよ子本舗吉野堂 1号店
(ひよ子サブレー)
「ひよ子」饅頭で有名なひよ子本舗吉野堂は、饅頭だけでなくサブレーも作っています。
オーストリアの菓子職人の最高の称号「マイスター」をもつエベナウワー氏が焼く、焼き菓子との偶然の出会いがありました。
その感動から、日本のこだわり素材を使って生まれたのが「ひよ子サブレ-」です。
味、素材、風味すべてに吟味を重ね、豊かなバター風味香る自慢のサブレ-となっています。
ひよ子本舗吉野堂のお菓子
明月堂I号店
(博多通りもん)
明月堂の看板菓子が「傑作まんじゅう博多通りもん」です。
博多通りもんは、博多のおみやげの大定番となっています。
博多の和菓子作りの伝統に牛乳やバターを使用するなど、西洋のスイーツ作りとコラボしたお菓子です。
モンドセレクション金賞を受賞しているほか、JR九州の列車販売でも人気第1位のお菓子です。
明月堂のお菓子
はかたや本舗
(博多土産菓子)
はかたや本舗は、福岡市博多区大博町にあるお菓子屋さんです。
主力商品は、「博多美人」、これは新鮮な卵の力で焼き上げた生地にまろやかなクリームを絞ったミニバウムクーヘンです。
もうひとつが「博多織巻」で、歯触りのよい西洋煎餅(せんべい)をベースにやさしい味わいの”きなこクリーム”をサンドしたものです。
博多お土産菓子のはかたや本舗
丸芳露 北島
(丸芳露)
丸芳露の北島は、佐賀市にあるお菓子屋さんです。
最初は、元禄9年(1696)に数珠屋として佐賀城下中町で創業しました。
幕末に時勢急変により菓子屋に転業し、伊勢屋町横尾氏よりボーロの製法を習ったそうです。
その昔、ポルトガル船員の保存食として日本に伝わったといわれるのがマルボーロ。現在のものよりもやや小さく、そして固いクッキーのようなものであったといいます。
それを食べやすくより味わい深いものにしようと改良を重ねた末に出来上がったのが、北島の「丸芳露」なのです。
丸芳露の北島
めんたい工房 ふく富
(明太子)
めんたい工房 ふく富は、昭和52年に創業した比較的新しい明太子屋さんです。
看板商品の一つが、「梅の香 ひじき」です。紳助社長のプロデュース大作戦「めし友2011」でも紹介されました。
ひじきと、カリカリ梅と白ごまを和えた半生ふりかけです。
梅の食感、しその香りとひじきの風味が、ごはんとの相性抜群です。
めんたい工房ふく富 梅の香ひじき
博多うち川
(明太子)
昭和48年に、創業者の内川光一が博多の小料理屋「うち川」でお土産用に作った「うち川辛子明太子」が好評となり、現在の「うち川」の辛子明太子となっています。
博多うち川独自の製法による辛子ダレは、天然のミネラル水に煮干し・昆布などを一晩寝かせた 水だしに吟醸酒と数種の唐辛子を加えたものです。
この辛子ダレに、切り漬けと呼ぶ漬け込みで仕上げられています。
明太子の1本物をあえて切断して断面から漬けダレが充分染み込むための工夫です。はなまるマーケットのおめざで、おぎやはぎも絶賛しています。
博多うち川の辛子めんたい
椒房庵・グローサリーショップ茅乃舎
(辛子明太子)
椒房庵の母体である久原本家は、糟屋郡久原(くばら)村で1893年創業の醤油屋「久原醤油」が前身です。
1989年に自 社ブランド事業として、博多のご当地商品である辛子明太子を「椒房庵」の名で製造販売しました。
上質の国産卵を用いた「釣り子明太子」が日本テレビ系列放送の 『どっちの料理ショー』で取り上げられ一躍有名となりました。
はなまるマーケット、ananなど数多くのテレビ・雑誌等で紹介されている椒房庵の無着色お徳用辛子明太子です。
また、添加物が入っていない茅乃舎だしも大人気商品です。
【無着色 明太子】辛子明太子 中辛(120g入)
ワイン仕込辛子明太子あき乃家
(辛子明太子)
あき乃家は、福岡市西区愛宕に本店があります。
明太子のメーカーとしては、あまり知られていませんが、ワイン仕込みの辛子明太子とはユニークですね。
ここの明太子は、山梨県産の二種類のワインを調合したつゆにつけ込まれています。
ひとつは、果実の旨味を多く含んだコクのあるワイン。
もうひとつは、果実のさわやかさを持ったワインです。
この2種類をブレンドすることで、深みのある旨味とさわやかな味わいを引き出し、ワイン仕込からし明太子独特の香りを醸し出すそうです。
また、たらこの生臭さを消すことができるのも、ワインの特徴です。
明太子 ギフト あき乃家バラエティセット
長谷川
(明太子)
長谷川の明太子は、「壱岐の島」と言う海産物の土産物メーカーのもののようです。
あまり情報がない不思議な明太子です。ひょっとしたら「長谷川」という料亭か何かと思いがちですが、そうではないです。
辛子明太子 長谷川
竹八漬
(貝柱粕漬け)
竹八漬けは、佐賀県の特産品です。
貝柱を酒粕に漬けたものです。
ふっくらと炊き上げたご飯に飴色に輝く竹八漬の組み合わせは、まさにこれとない贅沢な美味しさ。
ご飯の旨みに、竹八漬の粕の香りが合わさり醸し出されるのは、絶妙な味のハーモニーとなります。
九州名産 貝柱粕漬け 竹八漬
壱岐の島
(壱岐特産品)
㈱壱岐の島だそうですが、ネットで調べてもなかな見つからない会社です。
ホームページもなければネットに情報もほとんどありません。
長崎県の壱岐と言う島の特産品やお土産品を販売しています。
壱岐の島から 壱岐ならではの特産品
福寿園 博多冨春園店
(お茶)
博多冨春園店は、京都のお茶の老舗、福寿園の店舗です。
福寿園は、210年以上も前に創業しました。
最近では、サントリーのペットボトルのお茶、福寿園 伊右衛門で有名になりましたね。
福寿園のお茶
タピオカ専門店クィクリー
(タピオカ)
「快可立Quickly」の名前は本社のある台湾の漢字にあてはめると「快可立」となります。
快=すぐに、即、可=おいしく、立=自由に歩く。つまりおいしいものをすぐに手軽に自由に歩きながら飲めるという意味だそうです。
台湾出身のタピオカドリンクのクィクリー
博多楽味
(明太子・海産・農産物)
No Image めんたいこの「ふく富」のご飯の友が「博多楽味」です。
8種類あり、1食分の個食パックとなっており便利で使いやすくなっています。
種類は、無着色辛子明太子、炙りめんたい、めんたい昆布、梅の香ひじき、からし高菜、いかの*漬、辛子いかの旨造り、岩のりめんたいなどがあります。
スイート、ロマン藤田屋
(スイーツ)
No Image 長崎のスイーツ店のようです。
「島原名水百選の水」「長崎県下一の卵」を使用し基本に忠実に作り上げたスイーツだそうです。
ベティママ
(シュークリーム)
閉店
ベティママは、風月フードの店舗です。
オーダー後にクリームを詰める、カリカリさっくさくのシュー皮が自慢のシュークリームや、ふんわりしっとりロールケーキなど、作りたてのスイーツがあります。
風月のベティママ博多デイトス店
博多ラーメン市場
(博多ラーメン)
閉店
博多ラーメン市場については、ネットで調べてみましたが、なかなか情報がありません。
博多ラーメンについては、お土産用のラーメンが各種販売されており、それらを販売するコーナーであると思われます。
八ちゃん、達磨、久留米大砲、名島亭、一竜などの博多ラーメン

スポンサードリンク