博多駅の博多阪急デパ地下のイートインコーナーに生パスタとイタリアン惣菜の「イル・コルティーレ・ア・テ il cortile a te」が3月1日にオープンしました。

イタリアンの「ヒューズ生パスタ工房」が撤退した後に入ってきたものです。

福岡市内では、ボンラパスや大名のイルカセットビルにも店舗があります。

おすすめの商品の一つが、冷蔵ケースに入っているアクアパッツァです。

真空状態でパックされたもので、家庭のレンジでチンするだけで本格的なアクアパッツアを楽しむことができる画期的な商品です。

また、イートインコーナーでは、食事をすることもできます。

4月1日~15日の限定メニューですが、「桜えびと竹の子のパスタ 756円」があります。

具材になっているのが旬の桜えびと竹の子ですが、パスタの上に乗っているのがバジルの泡です。

見ている間にも、泡はパチパチとはじけて消えていきます。

桜えびも、ゆでた桜えびと生の桜えびがたっぷり入っています。

ゆでると香りが引き立ちますし、生のエビで味を楽しむという寸法です。

約半月と短い限定期間ですが、新しく誕生したイル・コルティーレ・ア・テのパスタはいかがでしょうか。

◯ イル・コルティーレ・ア・テ 

JR博多駅 博多阪急デパ地下イートインデリコーナー