スターバックスコーヒー (コーヒー、ドリンク等)

  • スターバックスジャパンのコーヒーショップです。
  • 1971年にアメリカワシントン州シアトルで創業した世界的なコーヒーチェーン店です。。
  • エスプレッソコーヒーを中心として、テイクアウトと歩き飲みスタイル、いわゆるシアトルスタイルカフェです。
  • タリーズやシアトルズベストコーヒーと熾烈な商戦を繰り広げています。
  • 主力商品は、アラビカ種のエスプレッソコーヒーを使ったラテです。
  • campのカレーはすべて中辛よりやや控えめの辛さです。これは、野菜のおいしさを味わえるベストな辛さ。
    辛いカレーがお好きなら、初めは1辛or2辛がおすすめ。
  • スターバックスのコーヒー
CORDUROY cafe (カフェ)
  • ㈲R C RORKSのカフェです。
  • 多様なスタイル・人と共に変化し続ける「街のカフェ」だそうです。
  • 中央区大名にもお店があります。
  • ランチもディナーもあり、スイーツは約20種類以上あります。
  • 季節のおすすめコースは、「博多明太クリームパスタ」、お肉の料理などがあります。
  • その他のメニューには、「蒸鶏ユリンチーソース」、「豚しゃぶ」、「テリヤキ鶏つくねバーグ半熟卵のせ」、「とんかつ」、「焼き肉」などがあります。、
どんぶり居酒屋 喜水丸 (海鮮居酒屋)
  • ㈲アズリの海鮮居酒屋です。
  • 季節ごとの厳選された新鮮な魚を丼で豪快に味わうのがコンセプトです。
  • 市内には、荒江、三越、大名、天神、マリノアに姉妹店があります。
  • 丼は、「喜水丼」、「ブリの胡麻和え丼」、「鯛の胡麻和え丼」、「鉄火丼」、「うに丼」、「海鮮丼」などがあります。
  • 定食には、「喜水丸お得丼」、「天刺定食」、「刺身定食」、「とろさばみりん定食」、「天ぷら定食」などがあります。

スポンサードリンク
[gads]

博多天乃 (和食)
  • ㈱はかた天乃の和食店です。
  • 博多区店屋町にある日本料理店です。
  • 博多の美味しい魚で高品質のものを季節に応じて提供してくれます。
  • 「あら」の刺し身やふぐの刺身もあります。
  • 食べログでも高評価の店です。
串カツ田中 (串揚げ)
  • ㈱串カツ田中の串揚げ店です。
  • ソースの二度漬け禁止などの大阪伝統の味が串かつです。
  • 大阪市西成区から田中勇吉の味が博多にやって来ました。
  • 故田中勇吉氏から受け継いだ「串カツ田中」の味は、衣・油・ソースすべてがオリジナルブレンドで全店、味のブレがありません。
  • 串かつのメニューは、1本100円~200円まであります。
  • 主なおすすめのメニューは、玉ねぎ、レンコン、ピクルス、大阪名物ショウガ、串カツ牛、クッキー&クリーム、豚しそ、もちなどです。
THE Chiffon & Spoon (シフォンケーキ)
  • ㈱ダスキンのシフォンケーキの店です。
  • ダスキンは、ミスタードーナツを経営している会社ですが、コンビニドーナツの攻勢でドーナツ業が思わしくなく、シフォンケーキなど他分野に進出してきています。
  • スプーンで食べる新感覚のシフォンケーキ専門店です。
  • 目の前でクリームを絞るというライブ感のあるサービススタイルが特徴です。
  • メニューには、ソフトクリームとシフォンケーキが合体した「ザ・シフォンサンデー」、ザ・シフォンとして「プレーン」、「紅茶」、「ショコラ」、「抹茶」、「キャラメル」などがあります。
ぬる燗ぞっこん離れ (居酒屋)
  • ㈱快適空間創造研究所の居酒屋です。
  • 博多駅で人気の居酒屋4店舗目です。
  • メニュー等については現時点では情報不足です。
野菜を食べるカレーcamp (カレー)
  • JR九州フードサービス㈱のカレー店です。
  • 昔、キャンプで中間と一緒に作った野菜たっぷりの美味しいカレーが原点だそうです。
  • 人参が少ないのは本店マスターが苦手だからとのこと。
  • アウトドア小物が一杯の楽しい店内で、名物「一日分の野菜カレー」をどうぞ。
  • メニューは、「一日分の野菜カレー」、「BBQカレー」、「骨付きチキンとネギのマウンテン盛りカレー 」、「トマトとパクチーのタイ風チキンカレー 」、「玉ねぎと豚肉の生姜焼き風グリーンカレー」、「トマトと生姜のチキンカレー 」、「玉ねぎと豚肉の欧風チーズカレー 」などです。
  • campのカレーはすべて中辛よりやや控えめの辛さです。これは、野菜のおいしさを味わえるベストな辛さ。
    辛いカレーがお好きなら、初めは1辛or2辛がおすすめ。
博多らーめんShin-Shin (ラーメン)
  • ㈲Shin-Shinの博多純情ラーメン店です。
  • ShinShinのスープは、伝統的な博多ラーメンの製法に加えてスープの達人『吉田』の長年の経験による味と店主『中牟田』の屋台叩き上げの味を組み合わせ、創意工夫して作り上げています。
  • スープの材料は、国内産を中心とした豚骨と佐賀県の銘柄鶏『ありたどり』のガラ、地元九州の香味野菜などと地下水です。
  • ラーメンの種類は、「博多ShinShinらーめん」、「チャーシューメン」、「もやしらーめん」、「ねぎらーめん」などがあります。
  • 博多ラーメンの特徴である替え玉は120円でできます。
博多とりかわ大臣 (焼とり)
  • ZUMI CORPORATION㈱の焼きとり店です。
  • 博多の人々がこぞって虜になる独特の焼き鳥が「とりかわ」です。
  • 鶏の中でもいちばん柔らかくきれいでクセのない首の皮を串に巻きつけながら詰めて刺し下焼きをおこなった後、特製のタレに漬け込み、さらに下焼きを重ねて脂を落としていきます。く
  • さらに仕上げは秘伝のタレにくぐらせて炙り焼きをしています。
  • おススメは、元祖「博多とりかわ」で、お酒によく合い、全く違った味を楽しめるため、「タレ」、「塩」の両方です。
  • その他には、とり身、豚バラ、ダルム、はつ、きも、砂ずり、とりもつなどがあります。
テムジン (餃子)
  • ㈱テムジンの餃子店です。
  • 福岡を始めとして全国各地に店舗展開中です。
  • あっさりとしてヘルシーなテムジンの餃子はたっぷりの野菜と、豚肉ではなく和牛のミンチを使用しています。
  • 博多は、ひとくち餃子で有名ですが、テムジンの餃子も中の旨味、香り、汁を逃さないために一口で食べられる大きさです。
  • タレも、酢を多めにした酢醤油です。
  • おススメは、焼き餃子ですが、その他に水餃子、エビ餃子揚げがあります。
博多担々麺 とり田 (担々麺)
  • ㈱studio092の担々麺の店です。
  • とり田は、本来水炊きの店です。
  • その人気メニューが専門店としてオープンとなったものです。
  • 水炊きのスープに胡麻と数種類の唐辛子、香味野菜が入った担々麺です。
  • すっきりしているスープに、数種類の唐辛子と花山椒が刺激を与えます。ぴりっと辛いけど飲み干しやすい担々麺です。
  • とり田名物の唐揚げもおすすめです。
モツビストロ 天神ホルモン (肉料理)
  • ㈱56フーズコーポレーションのモツ・肉料理の店です。
  • 天神ソラリアステージと博多駅の一番街に姉妹店があります。
  • 厳選した素材を客の目の前で焼いてくれます。
  • イチオシメニューは、「にくにくまる定食」です。
  • プリプリ食感の丸腸と豚肉を味噌ダレに絡めた「にくまる」と、やわらかい牛サガリ肉がコンビとなっています。
  • 原点と言って良いメニューは、「ホルモン定食」で、看板メニューでもあります。
カウンターもつ鍋おおやま (もつ鍋)

  • ㈱ラブのもつ鍋店です。
  • コンセプトは、『鍋をつつく仲を増やす。』ということだそうです。
  • もつ鍋に欠かせない「もつ」は、国産牛のもつを使用しています。
  • また、人気の最高級馬刺しは、熊本から毎日直送で新鮮なものを仕入れています。
  • もつ鍋のスープには、味噌味、醤油味、ポン酢味があります。
  • もつ鍋は、コースが一般的で、「どんたくコース」、「山笠コース」があり、2500円~3,500円です。
  • もつ鍋おおやまのモツ
てんや (天丼)
  • JR九州フードサービス㈱の天丼の店です。
  • てんやは、基本的には株式会社テン コーポレーションのチェーン店ですが、フランチャイズ店だと思われます。
  • いつも「揚げたて・出来たて」にこだわる店だそうです。
  • 天然に近い状態で養殖されたブラックタイガーと植物油100%を使用しています。
  • 天丼には、「天丼」、「元祖オールスター天丼」、「かき揚げ天丼」、「上天丼」、「大海老穴子天丼」、「小天丼」があります。
リンガーハット (ちゃんぽん等)

  • ㈱リンガーハットのちゃんぽん店です。
  • 500店舗以上を展開する 長崎ちゃんぽん専門店です。
  • 大きな特徴は、日本野菜をおいしく食べるとして、野菜、麺、餃子の小麦粉はすべて100%国産です。
  • また、野菜も全て国産を使用しています。
  • メニューは、長崎ちゃんぽん、長崎皿うどん、それぞれに野菜たっぷりメニューがあります。
  • その他にも、餃子、チャーハンなどがあります。
  • リンガーハットのチャンポンや皿うどん等
ホノルルコーヒー (カフェ)

  • ㈱ホノルルコーヒージャパンのカフェです。
  • 訓練されたバリスタが淹れる稀少なコナコーヒーが飲めるハワイスタイルのカフェです。
  • ハワイ州コナ地区でしか収穫できない選び抜かれたコーヒー豆を熟練の技を持つローストマスターが腕によりを掛けて焙煎したのが最高峰のコナコーヒーです。
  • 1991年、ホノルルのダウンタウンの街角に、1軒のカフェ・スタンドがホノルルコーヒーのスタートです。
  • コーヒーには、「マカダミアナッツフレーバーコーヒー」、「コナ ブレンドコーヒー」などがあります。
  • パンケーキには「コナコーヒークリームパンケーキ」、ハワイのテイバンローカルスイーツとして「マラサダ」があります。
  • ホノルルコーヒー
粥餐庁 (中華料理(おかゆ))
  • ㈱グリーンハウスフーズの中華料理・おかゆの店です。
  • 粥餐庁のおかゆは、 岩手県産の「ひとめぼれ」を使っています。
  • おかゆには玄米と精白米をブレンドしてを使用しています。
  • 白米と玄米に、干貝柱・チキンのだし・昆布・生姜を加えて、お店で毎日コトコト炊いています。
  • おかゆのメニューには、「トマトとあわせた エビととろ〜りチーズの赤いおかゆ」、「さっぱり蒸し鶏とみょうがの梅味のおかゆ」、「プリプリ海老ワンタンのお粥」、「ほうれん草入り♪ そら豆とシャキシャキチンゲン菜の緑のおかゆ」があります。
  • 麺のメニューには、「特製担々麺」、「蒸し鶏ときのこのサンラー麺」、「蒸し鶏のフォー」、「ゆで海老ワンタン」などを揃えています。
ブリオッシュ ドーレ (ベーカリー、カフェ)
  • ㈱フォーシス アンド カンパニーのフランスパンの店です。
  • 昨年、天神パルコにオープンしました。
  • 本店は、フランス全土に約300店舗のネットワークをもつNo.1のベーカリーカフェです。
  • 日本に進出しているフランスのパン屋さんのほとんどは、直営ではなく実は日本の会社が経営しています。
  • 売れ筋のメニューは、「ヴィエノワズリ」(クロワッサン)、看板メニューは「ブリオッシュ」です。

スポンサードリンク